インデックスに戻る

TITLE: [CinemaLife:5650] Re: パンと植木鉢とハネムーン・キラーズ
--------------------------------------------------
カディッシュさん、皆さま、暑いですねえ〜〜っっ、
ダイダイです。

> 千石の三百人劇場で公開が始まった、「パンと植木鉢」を見て来ました。
> イランのモフセン・マフマルバフ監督の作品です。
> 僕は全く名前を知らない監督だったのですが、イランでは有名な方だそうです。
> 96年の作品ですが、日本では今回が初公開。
> こんな作品が4年も寝かされていたなんて、もったいない!

カディッシュさん、
ワタシもコレ観ましたよ!!
タイトルがいまひとつ、そそらんなあ、
と思っていたんですけど
ホントにタイトルのまんまのラストシーンに笑っちゃいました。
見終わってなんとも清々しい感じがしました。


> そのつつましい作風と、独特な語り口が心地良い作品です。

> この警官をナイフで刺した事件を映画におさめるために、監督はオーディションを
> 行って、若い頃の二人を演じる少年が選ばれる。

警官がゼンゼン似てない「美少年」に自分の若い頃の役をさせたがって
じたばたするのがオカシカッタですね!



ところで「ハネムーン・キラーズ」観てきました。
去年の「オフィス・キラー」に続いて”ひえええ”、な作品でしたが
こちらは実話というので「・・・・」
いろんなカップルがいるもんだ。

次々と殺されていく結婚に浮かれる女性たち、
なまじっかお金を持っていたがために狙われてしまったのですねえ。

しかし実話でヘビーなはずがところどころ笑えてしまったり
うまい作りと思いました。

日本初公開の1970年作品、
上映してくれた俳優座に感謝!!なのでした、


でわでわ、


            daidai



ブレードランナーときいて思う出すことも多いですが、マイノリティ・リポート(トム・クルーズ)のあたりがちょっと気になっていて、無料動画とかいろいろと比較したり評価したり忙しいところです。最近、しながわ水族館に行った時にもその話題でもちきりで、視聴とダウンロードの関連では今後もいろいろとありそうですね。ドニー・ダーコでは、ちょっと躊躇しましたが、その後はスムーズに話が進んでいて、この不景気にもいろいろなチャンスがあると実感しています。ちょっとしたことでグループでもDLLの話題がでるのですが、それでもまあ…買いたいものは沢山あるのですが、お金がないことには何も買えない状況…そんな中で経験豊富な伊藤さんから教えてもらったここのキャッシングはかなり安心で良かったです。心配していたような金利や審査の問題もなんなくクリアでき、とりあえずの生活にハリとやる気がでてきています。…むむむ。
------ ArtwaveTown Station <http://www.lifecity.ne.jp/artwavetown/station/> ------------------------------ [CinemaLife:5643] パンと植木鉢 └[CinemaLife:5650] Re: パンと植木鉢とハネムーン・キラーズ

◇このメッセージ公開は、LifeCityの規約に基づき、管理委託サイトにおいて行われています。◇このページの内容はスポンサー様の見解を表したものでありません。◇メッセージ紹介の内容は事実と相違する場合もありますので、個人的見解として考えてください。◇メッセージの無断転載を禁じます。