フェロモン香水の効果と比較

フェロモン香水とはつけるだけで異性が近づいてくるというちょっと怪しい側面もありますが。フェロモンそのものは純粋に科学的なお話。人間だけが無縁であるということもありません。ただ、フェロモンが有効であることと、その辺の商品が使い物になるかどうかは、かなり相違があります。ここでは数多くある比較リストやバナーを並べるのではなく、実際に使えるかどうかというポイントに的を絞って実践的な情報を抽出。良いものであれば使わなくては損をする…そんな競争時代でもあります。
世代を超えて色々なことを話したいのですが、やはり色々な話題についていくことは難しいものです。たとえば、100SHIKI 〜 世界のアイデアを日替わりで 〜についてもある程度はきいたことはあっても、深く掘り下げているわけではないので、詳しいネタになるとなかなかついていけないのが残念です。後輩は時間を見つけてかなり詳細なところまで知識を深めているのが印象的ですが…ネットを利用することでお店に行く機会はどんどん減ってきていますがえむもじらなどを見ているとますますネットの情報に魅かれています。もちろん、ネットにはゴミ情報が多いことも事実ですが、結構ミミヨリな情報も集まってきていますね。自分の場合、新聞やテレビを見なくなってからもう何年も経過していますが、これといった不便も感じないですね。
女性のフェロモンは「エストロゲン」が深く関係しています。 この「エストロゲン」の分泌を促すのは脳がリラックスしている時。 少しでも多くリラックスする時間を作ってみませんか

Wikipedia

ヒトフェロモン:プロスティ

語源由来辞典

恋愛科学研究所
フェロモンを色々試して穴場でトクをした人
人生知らないと損をすることが多いですが、たとえば、出会い系なんかでもゴミみたいなところと本当に出会えるところの違いでは天と地。最近では、フェロモンを使ったと称するシャンプーやクリームなどもありますが、多くの場合、効果は??なこともあります。しかし、意外に素朴な使い方をした場合に成功する事例も多いし、色々やってもダメな場合もあるようです。実際、梅原と浅井が試しても、最初は色々と失敗する(ふぇろ惑星、フェロモンボディ、○○クリームはいずれも失敗)ことが多く、もうダメかという時期もあったのですが。結局、合コンなどでもかなりのヒット率を上げるところまで…もっとも成功率が高いと感じたフェロモン香水がホークでした(女性用はスワン)。化粧品登録(厚生省承認)された唯一のフェロモンであるため、安全性には問題ないと思います。ただ、安全性が高くてもこの手の代物は効果がなければ、まったく無意味です。とにかく、自称するほどモテ無い男であった編集局の浅井(当時36才)が、9歳年下のちょっとセクシーな女性と付き合うところまで行った事実は大きいものがあります。

少しでも高く理想の異性を求める時代
経済的に自由化が進み貧富の差が拡大していますが、恋愛や結婚においても同様の2極化現象が深刻化しています。モテル人間は少数で、その周りにどっと殺到する。そのため、恋愛難民・結婚難民が多数生じています。少子化時代、個人主義とかいっても、みんな恋愛したくないわけじゃない。良い相手にめぐまれないだけのことで、恋愛したい・結婚したいという要求はむしろ高まっています。そのような状況では、やはり競争力がないと、なかなか良い相手をゲットできません。しかし、競争力がある人なんてごく少数。したがって、世間では色々な恋愛講座などが盛んですが、精神論だけでは限界があり、一部の人たちは現状打開のため人間の動物的な側面に着目して、もうすでにその方法を利用しています。フェロモンのパワーは、一部テレビ番組でも立証されていますが、信じる人だけが上手に使って、いい男やいい女をゲットしている…それが現状といえるでしょう。

彼氏や彼女の浮気防止
一般的な用途としては、異性にモテルこと。いい男やいい女をゲットすることですが、それ以外に活用している人も多いようです。つまりは、彼氏や彼女の浮気防止に使えるという報告があります。最近では、不倫なんて不倫じゃないみたいなモラル軽視社会になっていますから、彼氏や彼女がいてもまったく安心なんてできません。いつ浮気するかとハラハラしている人も多く、色々な人からその手の相談を受けています。フェロモンの存在は「たけしの万物創世記」や「特命リサーチ200X」でもアンドロスタノール誘導体として証明されていますし、目隠しした女性の前に男性を並ばせ、フェロモンをたらしたTシャツを着ている男性を女性が自然と選んでしまう実験はあまりにも有名です。このような理由からも、フェロモンの活用についてそろそろ真剣に考える時期といえます。大事なことは、知っている人だけが使ってトクをしている…そのような社会の現状において、知っている側に立つことの優位性ということが言えると思います。

ウェブ東京都神経研: フェロモン
フェロモンの種類とその利用
ウェブ安藤研究室-フェロモンの利用法
シロアリのフェロモン
リンク先の利用は各自の責任で行ってください。
戻る


当サイトの内容の無断複製・転載を禁止します。