マーケティング

ここではマーケティングについての話を進めてゆきます。

マーケティングとは「人の心を動かす価値を提供すること」という説があります。かなり広義な解釈だと思いますが、これに従えば、マーケティングは調査・広告といった事業領域・部門概念で全てを言い表すことはできないものになるし、必ずしも経済行為が含まれるかどうかにも依存しないことになります。このような観点に立てば、すこし、話はそれますが、最近の携帯電話は必ずしも人の心を動かす価値を提供しているかどうか疑問に思います。最近のケイタイにはどの機種にもおもちゃのようなカメラや動画機能がついていますが、そんなもの必要としている人は少ないはず。あるいは、あの小さな画面で無理無理アプリだかなんだか提供しようとしていますが。それらは、PCを使えない一部の人たちのもので、多くの人があのような機能ごったもりケイタイを望んでいるとは思えません。現状のような消費者無視の姿勢によって、今後ケイタイ市場は衰退することになると思われます。 マーケティングの話題に入るところで、最近CDとかDVDとかあれもこれも色々と買いすぎでお金がなくて困っているのですが、そろそろ アルバイトだけではダメなので、そろそろ就職したいなあとも思っているのですが、周囲の友人たちをみていても、やはりちゃんとした資格をとらないと就職も難しいようなので、これからがんばってみようと考えています。

戦略商品  ブランドとは
DVDや映画に関する面白情報
高品質なファッション・ブランドを安く買う調査
これからのビジネスではWebマーケティングという考え方が極めて重要なポイントのようですね。いまどき、HPのない企業は、世界に存在しないのと同じこと。実際問題、消費者が購買意思決定をするプロセスにはWebサイトが関与しているらしいです。その顕著な例として、ある格安航空券を販売している会社は、広告宣伝費を一切使わず、Webサイトのみで情報提供を行い、迅速なEメール対応とオンライン予約システムを導入して省力化に成功し、従業員数たった17名で実に22億円の売上(2000年度)を達成しているというから驚きですね。もうたたスケールだけが大きな大企業の時代は終わったのかもしれません。 e-マーケティングに関して、ある飲料メーカでは、缶コーヒーのプレゼントキャンペーンを「ネット」限定で行いました。いまさら缶コーヒーかとおもうかもしれませんが、結果としては一定の販促効果が得られたようです。ただ、気になることは、携帯電話からの応募が約半数であったということで、いまだにPCを使えない若者は多いと推察できる結果のようです。これは由々しき問題なのですが、テーマから離れるので別の機会に議論することにします。 さてさて、マーケティングについて考えていたら、その前に、片付けておかなくてはいけないことが、いっぱいあるんです。先日から友人に、安くてそれもかなり激安で高性能なパソコンを探してくれと頼まれていて、まずは自分で買ってみようと思って、このあたりのものを調達したところ、メチャ良かったです。これまで使っていたのが某有名メーカのあれ(さすがに名前は出せない)なんですが、それと比べても、まったく劣らないもので価格をみたらその違いにメチャ驚きました。詳しい人にそのことを話したら、パソコンは何処も同じ部品使っているらしく、従って性能も似たり寄ったりで、ブランドだけで値段の高いものには要注意した方がよいみたいですね。

 出会いと容姿の関係について
 MP3変換ソフトな話題 DVDのコピーの話題

 マーケティング関連の注目ブログの紹介 インターネットマーケティング []/自社のターゲット/'マーケティング'ポジション、和モダン/['マーケティング'的]mixi、次の一手は/インターネット・マーケッター宮川明の無料セミナー/ロジカル・シンキングの限界/マーケティングテストに必要なリストの数/NTTコム、カード決済処理の効率化へ実証実験−高速回線を利用/会計事務所のTELマーケティング代行会社見つけました。/ブログ・オン・'マーケティング' Web2.0時代のマーケティングはこれだ!/マーケティングの3C/企業再生/学生市場を開拓した百万長者/SOHO共済連絡会/バイラル・'マーケティング'、か。/'マーケティング' 分冊1、2 発送/展示会が終わったあとのが更に売上を増やす!/自分が見えない事ってけっこうある/またまた、新商品のラインナップ!/目視による経営診断/売れるセールスレターと売れないセールスレターの違いとは?/「トルカ」によるマーケティング・サービス/ブログ・オン・'マーケティング'/「HAPPY心と笑顔でマーケティング」/ITと世界経済 序/矢上生協経営論/インターネット白書2.0/'マーケティング'/


お気軽なコラム
ダイレクト・マーケティング
テレ・マーケティング
 戻る