CPUとメモリ[性能比較]

CPUやメモリについて調べてみます。

  最近の話題としては、やはりCore i7でしょうか。インテル Core i7(i5 Core2Duoなど)プロセッサーは、電力の効率化が図られているほか、革新的なパフォーマンスや優れたシステム応答性を実現。パフォーマンスは最大 40%、エネルギー効率は 40%以上の向上を可能にしているようですが、PentiumDなどのいままでのCPUが消費電力が多すぎたともいえます。Vistaの時代に入り、パソコンはブランドよりもますます性能が重視されていますが、CPの良いBTOパソコンが狙いの人は全国30店舗 ドスパラのWeb通販サイトが、アタリが多いはず。 CPUとして、最近使っているのは、 Intel Core i7、CoreDuo、 PentiumD、Intel Celeron、Intel Xeon、そして、AMD Opteron、Phenom II、Athlon64、AMD Sempronあたりですが。ようやくクアッドコアも手に入れましたが、なかなか使いやすいCPUです。さてさて、CPUとメモリについていろいろと話していたら、大変なことを思い出してしまいました。PC組立・パーツもいいけれど、実のところはいま就職問題が急場で、CPUとメモリなんかにかまっている暇もないくらいなんです。やはり時代の流れからもIT系の資格はとても人気があるようですね。パソコンやネットのことだけではなく、結構色々と悩んでいるのです。さて、今月の自作の話に移りますが、これまでのところ、実際に使ってみてよかったものでは(Intel)、Core 2 Quad Q6700、Core 2 Extreme QX6850、これに対してAMDについては、Phenom X4/Phenom X2、Athlon X2、Sempronいずれも健在ですね。 メモリに関しては、高速動作のDDR2 SDRAMが開発され、これからのPCはギガバイトのDDR2 PC2-6400あたりが標準になる勢いですね。CPUも重要ですが、メモリのスピードは特に重要ですね。これがかなりパフォーマンスに影響するようです。

 マザー/CPU/HDD/メモリなどのパーツや周辺機器の
信頼できる格安ショップは?
BIOSの設定  PC組立・パーツ
ビデオカードの説明・解説  CPUの説明・解説

一昔の話、ペンティアムかセレロンかについては、よく話を聞きましたが、実際のところオフィス系のソフトだけならセレロンで十分かもしれません。ペンティアムは発熱がひどいので、セレロンのほうが結構安定して動作するような経験則があります。もちろん、ちゃんとした冷却をすれば良いのですが。結構ケース内は手狭になって、温度が上がりやすいから困ったものですね。 ちょっとここでまたまたお勉強の話題ですが。お勉強といっても女の子にもてるためには英語ですね。これが、私のように英語の苦手な人間でもできそうなものをみつけました。一応、毎日ちょっとした時間に使うだけで、もういくつかのフレーズを覚えることができました。これはちょっとオススメでしたね。

 インテル・AMD比較 シングルコア編 性能比較
 教えてGoo パワーを比較 OKWave